エルネストの鳩舎

エルネストの鳩舎

鳩山郁子の短篇集「エルネストの鳩舎」が発売されました。
描き下ろしの新作は、表題にもなっている「エルネストの鳩舎」。荒野の鳩舎で鳩を飼育する、とある鳩舎守りの話。

この「エルネストの鳩舎」、これまでの鳩山郁子作品の中でも図抜けて空虚な作品です。
女性・少年・ドロンワーク・鳩・あなたの単位。虚実定まらぬ世界で、このキーワードが飛び立つ鳩の群れの様に駆け巡ります。

単行本未収録作品も多く含まれています。「ノルウェイメープル飛行隊」の続編、「アルソミトラ・マクロカルパ君」も収録。そしてコンセプト・ボックスのみの販売で入手困難だった「ノルウェイメープル飛行隊」も巻末に収録されています。

補足。「ノルウェイメープル飛行隊」は、本書を横にした上で、巻末からお読みください。

余談ですが、収録されている中で「ParlorRoller 鳩(ピジョン)」という作品があります。この「ParlorRoller Pigeon」、実在する品種です。
Rock Pigeon(カワラバト。つまりドバト。)の改良品種で、飛翔の際にクルリと後方向に一回転するよう改良されています。つまり「飛ぶ」能力を失っています。

アメリカでは、愛好家が挙ってこの品種で競技に興じているようです。

百聞は一見に如かず。動画で御覧ください。 クルリクルリと、回転し続ける、鳩。

Sho Yanagihara

Instagram