イノサン (5)

イノサン 5 (ヤングジャンプコミックス)

フランス革命期の死刑執行人一族「サンソン家」を描く「イノサン」、第五巻。今回はシャルル・アンリ・サンソンの妹、マリー・ジョセフ・サンソンにスポットライトが当たった巻でもあります。

 マリー・ジョセフ・サンソンは、サンソン家の家系図上、三代目サンソンのバチストの娘として記録があります。しかし史実では少なくとも僕は彼女の物語を知りません。(フランス国内の文献を漁れば、少しくらいは出てくるのかもしれませんが…。)

彼女の物語は出典の「死刑執行人サンソン」にも記述がないため、この「イノサン」におけるオリジナルキャラクターに近い存在です。そのマリー・ジョゼフ・サンソンと、後にフランス王妃となるマリー・アントワネット。この二人の対比は美しいですね。

「喪失」と「享受」の巻でもあった五巻。フランス革命の勃発までまだ時間がありますが、その火蓋が切られるまで、一体どのような物語が展開されていくのか楽しみです。

Sho Yanagihara

Instagram