吾輩は猫である (旺文社文庫版)

先日、旺文社文庫の「吾輩は猫である」を購入。300円くらいでしょうか?

旺文社文庫は、初期の作品には箱が付いていました。この「吾輩は猫である」も、箱入り文庫です。
挿絵もかわいくて印象的ですね。

また、脚注や解説が丁寧で、教科書として読むにも良い内容です。
現在は他社に押される形でこの文庫版も影をひそめました。
しかし、生まれてくるかもしれない自分の子供の為にも、このシリーズは揃えておきたいな、と大義名分を掲げる次第です。

「吾輩は猫である」、といえば漱石の弟子の内田百間が、「贋作吾輩は猫である」を刊行していましたね。
「吾輩は猫である」の猫がそのまま登場します。読み物として、パロディとして洒落が効いておもしろい、との評判ですが、聞いてる感じだとエッセイの様な内容の様です。

こちらは未読なので、どこかで出会えたら一読してみたい本です。

Sho Yanagihara

Instagram