猫へ…

猫へ…

最近猫に惹かれます。
媚ないところがいいんでしょうか?

そんな中で、「猫へ…」という本に出会いました。

これは猫好きにはたまらない本ですね。
レオナード・マイケルズの繊細で美しい文章に、フランシス・ラーナーの挿絵が映えます。

小粒ですが、猫を扱った本では一番好きな本に出会えました。

「猫は 猫であることが好き」

この言葉が簡潔なのにウィットを感じて、感動してしまった自分が少しくやしいかも。

Sho Yanagihara

Instagram