殺人を呼んだ本 -わたしの図書館-

殺人を呼んだ本 (角川文庫)

これも昔読んだ本ですが、再読しました。

赤川次郎はあんまり読まないのですが、当時ブックオフの100円コーナーを漁っておもしろそうだったので読みました。
エピソードが5つに分かれていて読み易い。
2時間程で読了しました。

森の中の「私立野々宮図書館」で起こるミステリーを書いた作品です。
この「私立野々宮図書館」にある本、総て曰くつきの本、という設定が面白かったですね。
首吊り自殺の時に踏み台にした、とか。
推理物の風味を持っていますが、基本はファンタジーですかね。

しかし、やっぱり赤川次郎は読み易いですね。
一気に、大量に読めるのが魅力の一つかもしれません。

この本も、後にゲーム化されて「夜想曲」というタイトルでリリースされています。
これもゲームとしては非常におもしろいので、オススメですね。

Sho Yanagihara

Instagram