殺戮にいたる病

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

昔一度読んだんですが、ふともう一度読みたくなって、我孫子武丸の「殺戮にいたる病」を読了。

叙述トリックを利用したラストシーンに定評があるこの作品ですが、やっぱり斬新ですね。
蒲生稔の猟奇シーンには目を覆いたくなるものばかりですが、嫌な気持ちをこらえて読み進めていくと2回目ということもあってトリックのうまさに改めて唸ります。

我孫子武丸は、「かまいたちの夜」のシナリオを書いた人としても有名です。
「かまいたちの夜」をプレイして、ガクブルした方はオススメかもしれません。
でも、あれより猟奇シーンは強烈ですけどね。

「ハサミ男」もラストシーンがオススメですが、今日のところはとりあえずこれですね。

Sho Yanagihara

Instagram